So-net無料ブログ作成

年金照合、全部できるわけなんてなかったわけで [社会っぽい]

というわけで950万件ほども照合の困難な記録が出てきたのを受けて、政治家の言い訳がニュースで多くみられる。
 「3月には全部解決できて終わってるという誤解があった。名寄せを全部チェックする。これはやっている」
 「選挙なので縮めていってしまった」
 「解決するように言ったかな?」
 終えるとは言ってない、というか書いてない、というのは本当だろう。官僚よろしくそういう詐欺じみた細かく無難な言い回しは政治家も得意なところだ。しかし、発言としてはいかにもトーンダウンしている。

 しかし意味合いから考えれば、誰も名寄せをできるかできないかなんてチェックしてもらっても何の役にも立たない。名寄せ自体を行わなければ意味がない。そして有権者のほとんどは誰もそれを完全にやるのは無理だろうとは感じていたはずだ。そういうことについて、やる、できる、といったからには名寄せそのものを、完全とは行かなくともそれに近い形で完成するということを約束していると捕らえるのが普通ではないか。
 なお、どうでもいいようなことだが、舛添大臣は口ばかり達者な人物だという印象をずっと持っていたが今回それが証明されたような感じがしてある意味うれしい。
 それから、政治家は選挙スローガンとしてさも実のあることを公約しているようでいて、実はできそうなことしか書いていないのだ、ということを覚えておくことにしよう。そういう目で見れば公約もただ漠然と見るのと別の見え方がするに違いない。まあ、当然といえば当然のことではあろうが。
 また、だからといって民主党支持に戻る気もしない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。