So-net無料ブログ作成

春アニメと終わったアニメ [アニメ・マンガっぽい]

 この春始まったアニメは、例によってイマイチ。

 今現在一番のお気に入りは「会長はメイド様!」。題からなんか内容が見える気がして期待薄だったが会長のストレートで素直な性格が気持ちよく○。桜井弘明監督だし崩れたり中だるみしたりすることはないだろう。

 「荒川アンダーザブリッジ」のような不条理ギャグはいつ観ても面白いが、いつ観ても観なくてもいい。

 「薄桜鬼」(なんて読むんだこれ)は絵はすごくきれいでちずるちゃんの画がかわいかったが、話に魅力が感じられなかった。第2話をとり逃してもぜんぜん惜しくなかったので、どうやらどうでもいいらしい。

 「大きく振りかぶって」は前作同様あいかわらず淡々と明るく丁寧な話だが、それ以上の何者でもない。好感は持てるが絶対に凄みが出ない方向なので少年誌的な意味でおもしろくない(少年誌連載ではないので当たり前だろうが)。

 要は「会長はメイド様!」以外はどうでもいい感じだ。不条理ギャグはすぐに飽きるし、丁寧なだけの作品は結局記憶に残らない。

 3月に終わったアニメについて少し。

 「おまもりひまり」はなんとなくお定まりな結末で、過去の回想場面に見られたような持っていた雰囲気を生かしたとはいい難いが、らしく終わったしキャラも活きてたのでまあよし。普通振り回されるだけの人間の凛子ちゃんがなかなか活かされてたし。それにしても、九尾が一化け猫に遅れをとるとは思えないが、そういうすごい妖描の話があるんでしょうか・・・
 「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」は、総じていい話だったのだが、クライマックスに向けて話運びに無理が感じられ、ういういしい木の芽に立派な成木を接ぎ木したような気持ち悪さがあって残念。
 「おおかみかくし」は、それなりに時間をかけて積み上げたのに最後は賢木の陰謀騒ぎでドタバタして急に終わってしまった感じで、らしいといえばそうだったかもしれないが・・・期待も高くはなかったが、雰囲気は結構あったのでこれも残念。
 「君に届け」は、くるみちゃんの一件で事実上終わっていたので、後はもうあってもなくてもよかったような・・・。話として変わらず好感はもてたが、面白かったかといわれると・・・残念3。
 ”バカテス” と 「はなまる幼稚園」 はタイプは違うが作品として安心感と落ち着きがあって見やすいアニメだった。
 というわけで総じて残念な感じだった。

 ちなみに賢木の字は、うちのアナログ録画を見ても判別できなかったのでWikipediaから引いた。公式ホームページでは、あったのかもしれないが見つけることができなかった。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 1

mkoike86_

「直chan」さんniceありがとうございました。忙しい中まめにレビューを書かれていていつも感心してます。
by mkoike86_ (2010-04-17 03:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。